野良猫撃退番人くん

 

番人君ヘッダー

 

庭先に水の入ったペットボトルを置いてあるのを見たことはありませんか。

 

野良猫がやってくるのを防ぐために置かれているようです。
これ、全く効果がありません。

 

太陽光の反射光や屈折光を猫に見せて驚かそうというこの試み。
猫は反応してくれないのです。

 

 

野良猫に庭を荒らされ、糞尿の臭いに悩まされているお宅は多いと思います。

 

ホームセンターで、トゲトゲシートや、猫の嫌いな臭いのする忌避剤などを買い求めて試している方も多いと思います。

 

これらの商品は、一時的に効果があっても持続的、永続的な効果は期待できません。

 

「一時的」では、はっきり言って意味がないと言っても過言ではありません。

 

 

一時的でない野良猫撃退法とは

 

 

当サイトが注目した「野良猫撃退番人くん」は、
猫が嫌がる超音波を利用した野良猫退治グッズです。

 

 

 

野良猫撃退番人くん

 

一番の大きな特長は、効果が一時的でないこと。
猫の習性を逆手にとって、二度と近づかせないことです。

 

第二には、人間や猫を一切傷つけることがないということです。

 

 

前述したトゲトゲシートですが、効果がそれほど期待出来ない割にある危険性をはらんでいます。

 

猫の視力ってどれくらいかご存じでしょうか。
暗いところもお手のもの、いわゆる夜目が利く猫です。
さぞかし目がいいのだろうと思いがちですが、
実は、人間でいう0,3ほどの近視なのです。
夜は人間の6〜7倍感度があるのですが、明るいところでは近づかないと飼い主の顔も確認出来ないのです。
意外ですよね。

 

トゲトゲシートが危険だというのはこういうことです。

 

地面を歩いている猫ならば、トゲトゲシートの存在を身近で確認できます。
避けて通るので、危険はありません。
問題は、近視であるがゆえに、どうなっているかわからぬままに
塀の上から飛び降りた際に怪我をしてしまうことです。

 

野良猫ならしかたがない?
それはちょっとかわいそうです。

 

 

 

その議論は置いておくとして、怪我をした猫が飼猫だった場合は、

 

民法では、損害賠償、
動物愛護管理法では動物虐待、
その対象になってしまう恐れがあるということは知っておいたほうがいいと思います。

 

トゲトゲシートを使う場合は、
猫が飛び越えることのでいない距離、範囲で敷き詰めることが必要です。
限定した場所に敷くと、敷地内の違う場所を通ったり、
違う場所をトイレの場所にしてしまうことになります。

 

広い範囲に敷き詰めるには高額な費用がかかります。
お庭、敷地が広ければなおさらです。

 

 

超音波で野良猫を追い払う「野良猫撃退番人くん」は人には聞こえない音で猫を嫌がらせるだけなので、
猫を傷つけることはありません。
人間の耳に聞こえない音ですが、猫からすると100デシベルを越えるようなものすごい音に聞こえるそうです。
猫にすれば、たまったものではありません。
一目散に退散するわけです。

 

 

野良猫が嫌う臭いを発する「忌避剤」を撒くという方法もあります。
効果がある臭いは、人間にとっても、かなり刺激が強い臭いです。
猫を追い払うためにこちらも不快感に耐えなければなりません。

 

 

忌避剤の難点は、時間とともに臭いが薄れていってしまうことです。
猫は一度獲得した縄張りはなかなかあきらめません。
何らかの状況で一度追い払われても時をおかずにもう一度戻ってくる習性があります。

 

そんな野良猫にとって、臭いが薄れていたら・・・
結果は目にみえていますね。
忌避剤は、雨が降ってしまえば、効果が激減することも知っておくべきでしょう。

 

毎日のように忌避剤を撒くのは手間もコストも大変です。

 

猫を傷つけることなく効果が持続する野良猫撃退番人君とは

 

ひと口に野良猫と言っても一括りにすることはできません。
猫にもいろいろいるんです。

 

臆病で気の小さい猫もいれば、少々のことでは驚かないというか、
動じない、ふてぶてしいほどに腹の座った猫もいます。

 

実は我が家にはメスの三毛猫がいまして、毎日散歩に行っていました。
手術しているので、子供を孕む心配はありません。
この子が最近散歩にいかなくなってしまいました。
元気がない訳ではありません。

 

縄張りを、身体の大きなオスの野良猫に奪われてしまったからです。

 

窓の外でぎゃーという鳴き声を聞いて見てみると、家の猫がそのオスに追いかけられています。
追っ払おうと窓を開け、おおきな声で「こらっ!」と叫びました。

 

普通の猫ならば、飛び上がって逃げるところを、
ちその猫はちらっとこちらを見てから、のそりのそりと悠然と歩いてその場を離れます。
全く怖がっていないのです。舐められている感じがしました。

 

 

このエピソードは、実は猫の習性を端的に表しています。

 

野良猫の縄張り意識の強さ縄張りへの執着と、猫の性格の個体差です。

 

 

野良猫が一番に重要視しているのは、我が身の安全です。
命の危険を感じたり、それに繋がるような恐れがある場合は逃げます。
同じ場所で同じ思いをすれば、その場所にはこなくなります。

 

一方で、嫌いではあっても、身の危険を感じるほどでなければ、またやって来る可能性が高いということです。

 

野良猫は一度追い払っても、またその場所が安全な場所になっていないかどうか確認に来るのです。

 

 

猫も馬鹿ではありません。
小さいうちに教えれば、お手をする猫もいれば、お預けができる猫もいます。

 

しっかり学習能力を秘めています。

 

一度追い払っても、危険がないと知ると同じ刺激にはすぐに慣れてしまいます。
超音波でもそれは起こりえます。
なので、同じ超音波でも周波数を変えることも必要です。

 

もちろん「野良猫撃退番人くん」にはその機能がついています。

 

 

野良猫の被害といえば、糞尿の臭い、車の屋根の足跡。爪とぎの跡などでしょうか。
猫のおしっこには二通りあります。
通常の排泄のおしっこと、縄張りであることを示すマーキングのためにするスプレーといわれるおしっこです。

 

このスプレーのほうがより強烈な臭いを発します。

 

また、発情期の尿にも性フェロモンが含まれているので、臭いがきつくなります。
特にオスがきついです。

 

ちなみに爪とぎの際もフェロモンを同時に擦りつけています。

 

猫の発情期ですが、最低限の餌しか得ていない野良猫の場合は、1〜3月のみですが、
餌を充分に与えられている猫の場合は、5〜6月、そして10月にもやってきます。
繁殖力が高まるのです。

 

時折、可哀想だからと、野良猫に餌付けしている人を見かけますが、
繁殖を助けてしまう行為で、ますます野良猫を増やしてしまうことになります。

 

その分野良猫被害に悩むひとの迷惑、負担が増えてしまうことになります。

 

 

持続的に効果が期待出来、安全で、コスパが高い撃退法が望まれます。

 

 

野良猫撃退番人くん」が謳っているポイントを5つ上げて起きます。

 

 

1全額返金保証

 

2毎月5人限定のキャッシュバック

 

  ただし、これは成功したレビューを800字分書かなければなりません。

 

3不良があった場合、365日新品と交換

 

4購入後90日の個別メールサポート
  れは期間中何回でもOKなので、利用されるといいと思います。

 

 

5全国送料無料、代引き手数料無料

 

野良猫撃退番人くんは、被害が出ている場所に置くだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

当サイトを訪問して下さったあなたは猫嫌い、動物嫌いの方かも知れません。あるいは、動物好きな方かも知れません。

 

いずれにせよ、猫は自分の身を守るため、生き抜いていくために活動しているだけなので、
その生命を守っていく方向での解決を考えていただきたいと思います。

 

無責任に野良猫に餌を与えることで、返って、野良猫の数を増やし、不幸な猫を増やしているひとがいるのは残念ですが、

 

とにかく今は、猫に夜被害を食い止めるという一点に絞って当サイトを立ち上げ、
猫も人間も傷つかなくて済むグッズということで、紹介させて頂きました。

 

 

 

 

 

猫の生活圏はどれくらいのものか知っていますか。

 

イギリスのケンブリッジ大学で行なわれた調査によると、
屋外で暮らしているメス猫の生活圏は42エーカーと言います。

耳慣れないエーカーではわかりませんね。1.68平方キロメートルです。
日本のディズニーラン3.5個分の広さです。
一方、オス猫は153エーカー(6.12平方キロメートル)です。
これはディズニーランド13個分にも及ぶ広さです。

 

 

もっとも、猫の生活圏の広さは、食料の豊かさによって、大きく変動することもわかっています。
十分な餌がある場所ではメスの生活圏は、0.2エーカーにとどまり、
餌が少ない領域では、
餌を求めて徘徊するために、
1000エーカー(40平方キロメートル)にまで及ぶといいますから驚きです。

 

当サイトで問題にしている野良猫の場合は、そんな極端な例がないのはもちろんです。
一方、オス猫の生活圏は、食料の豊富さによって決定するのではなく、
メス猫の存在が決定要因のようです。
メス猫を求めて歩き回るため、メス猫の生活圏の3.5倍にまで膨らんでしまうということです。

 

 

生活圏から外部へと通じる道が、「猫の通り道」です。
通り道自体が猫の生活圏の一部になっていることもあります。
通り道をどの猫がどう使うかは、個体の強弱、優劣を基礎としたものではなく、
「早い者勝ち」であることがほとんどです。

 

 

生活圏の中で、他の猫が侵入することを積極的に拒む領域があります。
これが、いわゆる「縄張り」です。
猫は、監視できる程度の範囲を縄張りと決めたら、そこを定期的に巡回し、
マーキングして歩くようになります。

 

マーキングには、「スプレー」呼ばれる尿を用います。
スプレーは、通常のおしっことは違い、尻尾を高く上げて後方に撒き散らします。
あなたの家が、猫の縄張り領域になってしまっているとしたら、
このマーキングスプレーの洗礼を浴びることになってしまうわけです。

 

 

猫のおしっこの臭跡は。路線状の信号だと言う学者がいます。
新しい臭跡は赤信号、古い臭跡は青信号だというのです。

 

ニオイが新しければ新しいほど、「この場所は先客がいるからはいってくるな」という赤信号としての意味合いが強くなるというのです。
オス猫は、1日以上経過した尿より、出したての新しい尿のニオイを先に嗅ぐそうです。

 

また、新しい尿の上に自分の尿を上塗りすることはないそうです。
2日以上経過した場合だけ、新たにスプレーをするという習性を持っています。
猫同士では、それなりの縄張りマナーがあるようですが、
我々人間社会からみれば、A,B何方の猫にも縄張り化されたくはないですよね。

 

 

 

 

 

SFTS

 

庭を荒らされたり、糞尿のニオイがどうのと言うレベルではありません。

 

「野良猫にかまれ50代女性死亡」というニュースが飛び込んできました。
犬にかまれ、狂犬で出死亡する危険というのはよく知られているところですが、
猫に噛まれて死ぬなんてと思った方は多いと思います。

 

SFTSとは、「重症熱性血小板減少症候群」のことで、マダニを
介してうつるとされています。

 

今回の事例は、マダニに噛まれ、SFTSを発症していると見られる野良猫に噛まれた50歳代の女性が
SFTSに感染して死亡したと見られています。

 

SFTSは、発熱のほか、意識障害や血が固まりにくいなどの症状があります。
高齢者は重症化しやすく、最悪の場合は7〜10日で死亡します。
国立感染症研究所によると、2013年以降、西日本を中心に266人が感染し、
57人が死亡しています。
フタトゲチマダニ、タカサゴキララマダニと言ったマダニに噛まれてうつると考えられてきましたが、
マダニ以外の動物を介して人に感染が確認されたのは初めてとされます。

 

野良猫で、特に弱っている様子が見られるときにはむやみに触れてはいけません。

 

一般的には近づかないように、ということになりますが、
当サイトでは、野良猫そのものを近づけないという視点で話を進めています。

 

 

そもそも「野良猫」って何?

 

 

野良猫は、一般的には「飼い主のいない猫」と認識されているようです。
しかし実態としては、特定の家を寝床にして自由気ままに出入りしたり、飲食店など特定の人から日常的に餌をもらったりなど、
生活している「明確な飼い主のいない猫」というケースが多いと思われます。

 

最近では地域住民と行政、ボランティアが一体となって、餌やり、糞の片付けなどを行う「地域猫活動」と呼ばれる活動も行われるようになってきました。
こういった猫たちは「野良猫」ではなく、「地域猫」と呼ばれています。
日本の猫は、一言で「猫」と言っても、どこに住んでいるか、誰が飼っているか、
もしくは誰が管理しているかで呼び方がいろいろ変わります。

 

野良猫を絶対に近づけない、撃退する方法